MENU

キャッシングローンを利用するには、年収はどれくらい必要?

ポイントは安定した収入

人生いろいろあります。どうしてもお金が足りない時が必ずきます。そこで借りるあてもなく、最終手段でキャッシングローンにお世話になろうとしたときに、自分の年収で借りれるか不安になります。

 

各金融会社は年収がいくら以上を対象に貸しているのか、年収が少ない人はキャッシングできないのではないのか、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし消費者金融などでは顧客の年収の額の大きさではなく、常に安定して収入を得ているかどうかという部分をチェックしてます。

 

借りてからは毎月の支払いがあります。毎月きっちりと返済できる状態の顧客かどうかをを見極めています。安定収入、イコール正社員や公務員など毎月、給料が必ず入る職種だったりすると借りやすいのは事実です。

 

逆に個人事業主などは毎月の収支が安定しづらい為、審査などで落ちることも少なくありません。

 

後は借り入れ額と年収の比率も審査基準になります。この道のプロが見るわけですから、いろんなパターンに応じて、収入に対しての適正な借り入れ金額を審査されることになります。

 

また返済プランなども調べられ、途中で支払いが滞らないかもチェックされます。要するに、収入の大小ではなく、返済能力を重点的に見られるのです。

 

総量規制を知っておこう

基本的にはこの総量規制によって借入額が決まります。収入の3分の1までしか借りれないです。300万円の収入の人なら最大で100万円です。

 

他に借入があればその分もひっくるめて計算されます。総量規制の例外もあります。それは担保を有するローンについては対象外になります。

 

また銀行のカードローンやおまとめローンなども総量規制外となりますが、年収の3分の1以上の借り入れは実際には厳しい現実が待っています。

 

協力者次第で変わる

収入がない主婦などがお金を借りる場合は、夫の収入状態で借り入れ額が変わってきます。正社員や公務員であれば審査も早く基本の総量規制枠での貸し出し、そこからコツコツ真面目に返済していけば増額することもできます。