ATM キャッシング

MENU

ATMでキャッシングする方法

最先端の銀行系のATM

お金を借りる場合は、支店の窓口か、無人対応のATMのどちらかになります。

 

夜遅くでも対応してくれるATMの操作方法をマスターして、自由自在にキャッシングしてみましょう。

 

銀行の支店では、入口からそのままATMコーナーになっています。

 

空いているATMの前に立ち、メニューから借入のボタンを押してから、該当のカードを挿入しましょう。

 

すると、カードが読み込まれて、本人確認の暗証番号の入力画面へ切り替わります。

 

予め暗証番号を控えておき、手早く入力する必要があるのです。

 

無事に暗証番号が認証されたら、あとは必要な金額を入力するだけで、自動的に現金とカードが返却されます。

 

人間工学の粋であるコンビニATM

日本全国に展開しているコンビニでは、店内の片隅に多機能型端末があり、提携金融機関のATMとしても機能しています。

 

不特定多数の客が行き交う環境上、他人が操作画面や暗証番号の入力を覗き見しにくい構造です。

 

キャッシングの操作方法は基本的に銀行のATMと同じですが、専用端末ではないので、暗証番号の入力はテンキーを押す形式になっています。

 

防犯に考慮した設計ではありますが、銀行の支店に比べてセキュリティーが甘く、怪しい人物や変な構造物があったら利用しない等の自己防衛も必要です。

 

車でも立ち寄りやすいコンビニATMは、ちょっと現金を調達したいニーズにぴったりで、多くの方が利用しています。

 

安心できる消費者金融ATM

駅の近くなどにある消費者金融のATMは、支店内にあるので安心して利用できます。

 

出入りするタイミングを他人に見られる恐れはありますが、一度入ってしまえば他人の目はありません。

 

入口からATMコーナーと無人自動契約機の個室のエリアが分かれているので、案内に従って進みましょう。

 

提携金融機関でキャッシングすると利用手数料がかかるケースがありますが、その会社の支店であれば原則的に無料で利用できます。

 

大手消費者金融では、コンビニATMなどの利用手数料無料を掲げているところも多く見られるのが現状です。

 

徒歩での利便性が高い立地にある為、急に現金が必要になってもすぐに解決できます。