キャッシングローン 利息 計算

MENU

キャッシングローンの利息計算方法

お金を借りると大変

キャッシングローンするときに最低限わかっておくことが利息計算です。いくら借りたら余分にいくら払わないいけないか把握しておいた方が良いです。

 

この計算ができるとお金を借りるリスクの重さや毎月返済することの大変さがわかります。借金の苦しみと言えば元本を返済していくだけでも大変だがこれに利息がプラスオンされるのは大変です。そしてこの利息が借金を遅らせるのです。

 

利息を計算してみる

まず年利何%とついていますが、これは年間で原価に対して何%のお金がかかるかの意味です。キャッシングローンすると大体18%の年利がつきます。

 

例えば10万円を借りて1年後に返済する計算方法は10万円×18%で1万8千円になります。この返済期間を変えることで金額が変わってきます。

 

支払いを毎月にする場合は1万8千円に365日を割って1か月の日数の30日を掛けます。そうすると1か月の利息金額がでてきます。1週間の利息計算は30日を7日にすると計算できます。

 

ざっと計算すると10万円借りると1週間で300円ぐらい、1か月で1500円ぐらいの利息がついてきます。数式は借金残高×年利÷12か月で1か月の利息がでます。

 

1か月間で返せればそんなに苦ではないですが、1年間をとおして支払いをすると毎月、この近いぐらいの金額を元本といっしょに払っていかなければならないのです。

 

元本は少なくなっていくので利息も少しずつ減っていきますが、毎月、借りたというだけで利息を払っていくことはお金が無いのを更にお金が無くなっていく状況を作っているだけです。

 

計算が苦手な人ほど

計算が苦手な人ほど利息の計算は面倒臭がりです。しかし、毎月多少ながらもお金をドブに捨てている状態に近いのでお金を借りる時に利息の計算をすると適性な借り入れ金額が出せるかと思います。

 

沢山お金を借りれば沢山利息も払わなければならないです。