コンビニキャッシング

MENU

コンビニでキャッシングする方法

コンビニエンスストアは日本全国に展開していますが、各店舗でサービス内容が異なっており、ATMが設置されていない、または、たまたま故障中という可能性もあります。

 

そのため、最寄りの店舗の位置を調べると同時に、ATMが稼働中かどうかもスマートフォンで確認しておくべきです。

 

コンビニでキャッシングできれば、いつでもどこでも現金を引き出せます。

 

銀行の支店や、駅前のATMコーナーと違って、深夜や早朝でも利用しやすいので便利です。

 

深夜から早朝にかけては、その金融機関のカードを差し込まないと入れないケースもありますし、明らかに現金を引き出す用事と分かってしまうので、防犯的に不安が残ってしまいます。

 

ATM利用には手数料がかかる

コンビニのATMは、独自の金融機関という形になっており、他の金融機関のカードでも利用できます。

 

その利便性の高さを活かして、多くの金融機関と提携しているのです。

 

主な収益源はATM利用の手数料でして、銀行の普通口座からの現金引き出しでは少なくない金額が徴収されます。

 

キャッシングローンでは高い利息を受け取っている金融機関が負担するケースが多く、原則的にコンビニATMを無料で利用できるのです。

 

その都度手数料がかかる金融機関の場合は、借入と返済で思わぬ出費を強いられてしまうので注意しましょう。

 

ATMの利用手数料が有利な金融機関を選ぶのが、キャッシングローンの基本です。

 

店員に関係なく利用可能

利便性をそのまま名前としているコンビニエンスストアには、飲食品の販売から公共料金の支払いまで幅広いサービスがあります。

 

多機能型端末の登場によって、ほぼ自分だけで用事を済ませられる状況になりました。

 

少額融資としての現金引き出しは、コンビニATMに提携金融機関のカードを差し込むだけで自動的に進行します。

 

店員にいちいち声をかける必要はなく、コンビニに入ったらまっすぐATMに直行するだけです。

 

借入と返済を選択する必要があるので、操作ミスをしないよう気をつけましょう。

 

コンビニATMには、カードなどの忘れ物があると音声警告をする機能がありますが、自分自身でも見直すべきです。