MENU

キャッシングローンに申し込む際に必要な書類

金融機関の審査申し込み書類

各金融機関では、審査手続きをスムーズにする為の書式を用意しています。

 

基本的なフォーマットに従いつつも、それぞれで独自の文面などを付け加えているのが普通です。

 

インターネット対応によってオンライン申し込みが一般的になりましたが、現在でも支店での棚置きや資料一式の郵送を行っています。

 

個人に直接貸し付けるキャッシングローンでは担保と保証人が求められないケースが多く、お金を借りる本人についての詳しい個人情報が求められます。

 

氏名、住所、電話番号などの詳細な情報を記入しなければいけません。

 

オンラインであれば入力完了後にそのまま送信、郵送であれば必要書類一式を返送することで提出できます。

 

有効期限内の公的な身分証明書

審査申し込み書類に記載した内容を証明する為に、提出時には官公庁が交付した身分証明書の提示もセットになります。

 

うっかり期限切れとならないように、常日頃から余裕を持った更新を心がけておくべきです。

 

なお、成りすまし予防として、本人の顔写真が張り付けられているタイプを指定される場合もあります。

 

運転免許証の信頼性が最も高く、所持していれば当日の無人自動契約機への駆け込みでもカード発行まで完了します。

 

顔写真がないタイプの身分証明書では、2つ以上の提示を求められるケースもあるので、事前に問い合わせをしておくことをお勧めします。

 

車を運転しない方にとっては、パスポートが有効です。

 

給与明細などの収入証明書

多くの金融機関で収入証明書不要とアピールしていますが、キャッシングローンの審査状況によっては提出する必要があります。

 

金融機関から提出を求められる可能性がある以上、審査前に手元に用意しておくのがマナーです。

 

急いでいる場合は、収入証明書なしのまま審査申し込みをしてみるのも良いでしょう。

 

原則的に短期間の借入だから、当人の給与明細などで十分です。

 

給与明細などの収入証明書は、できるだけ直近のものを出すことがポイントとなっています。

 

主に職場への在籍確認によって経済力をチェックしているので、50万円ぐらいまでの融資限度額であれば、収入証明書不要になりやすい傾向にあります。