キャッシングローン 用語集

MENU

キャッシングローン用語集記事一覧

貸金業者における自主規制三件規制は、貸金業者における自主規制の1つです。すでに三件の金融機関から借りている初回利用者を厳しく審査するのが主旨であり、これまでの経験から導き出した予防策と言えます。業界内の暗黙の了解に近く、金融機関の公式サイトにも明確な説明はありません。クレジットカードのキャッシングなども含まれるので、現在の借入状況を確認した上で審査申し込みをしましょう。利用実績による融資限度額アッ...

事業者向けのローンビジネスローンは、一般消費者向けのキャッシングローンとは異なり、事業者向けに特化しています。事業者がお金を借りるのは、主に事業の運転資金や開業資金の為です。借入分の返済をしながらも、新たにローンを組むことが当たり前の世界ゆえ、シビアな債権管理ができる金融機関だけが参入しています。大手銀行などの一部の銀行、あるいは、事業者専門のノンバンクが代表的な金融機関です。法人と個人事業主で区...

自己破産は最後の手段債務整理において最も重いのが自己破産で、裁判所の裁判官の判断によって決まります。免責が認められれば、対象となった債権について支払う義務がなくなるのです。金融機関にとっては元本の回収すら不可能になるわけですが、司法の正式な決定に違反することはありません。正規の金融機関は、金融庁から該当の業務を行っても良いという営業許可をもらっています。そのため、自己破産で免責になった人間へ不当な...

法外な利率にはできないキャッシングローンでよく耳にする過払い金返還請求ですが、これは複数の法律が絡んだ話です。法律は、かなり曖昧な表現を用いることが多く、違反しているかどうかの判断が難しい側面があります。金銭の貸借においては、利息制限法という最高利率を定めた法律が軸になっているのが特徴です。利息制限法で定められた上限より高い利率であった場合、上限までの分しか支払う義務はありません。金融機関から不当...

金融機関が注目している法律出資法は、利息制限法ではカバーできなかった罰則部分を重視した法律です。この利息を超えて貸し付けたら罰則を与えるという厳しい文面となっています。貸金業者の過酷な取り立てによる被害を減らすべく、短期間での対象金利の引き下げを繰り返してきました。金利が高いほど金融機関にとっては利益になるので、この出資法にさえ違反していなければ大丈夫という認識だったのです。有名無実となった利息制...