ビジネスローン

MENU

「ビジネスローン」とは?

事業者向けのローン

ビジネスローンは、一般消費者向けのキャッシングローンとは異なり、事業者向けに特化しています。

 

事業者がお金を借りるのは、主に事業の運転資金や開業資金の為です。

 

借入分の返済をしながらも、新たにローンを組むことが当たり前の世界ゆえ、シビアな債権管理ができる金融機関だけが参入しています。

 

大手銀行などの一部の銀行、あるいは、事業者専門のノンバンクが代表的な金融機関です。

 

法人と個人事業主で区分している金融機関が多く、基本的に事業の実態を証明できる書類を提出しなければいけません。

 

登記簿謄本で確認できる法人が最も信用度が高く、特に不動産を担保に入れられる場合は他にはないほどの低金利で借りられます。

 

事業内容も審査対象になる

個人事業主は、確定申告書の控えぐらいしか公的な証明書がない為、個人としてキャッシングローンを利用するケースも多いです。

 

しかしながら、一般消費者向けのキャッシングで借りたお金は、原則的に事業性の用途には使えず、おまけに総量規制の対象になってしまうリスクがあります。

 

ビジネスローンに強い銀行では、事業者向けでありながらも、通常のキャッシングと同等以下の低金利で借りられる可能性があるのが魅力的です。

 

事業の継続期間などの色々な条件がありますが、きちんと事業をやっている方なら自信を持って審査を受けられます。

 

支払いのシビアさでは一般消費者の比ではないので、朝に申し込めば最短即日融資が当然の世界です。

 

総量規制の対象外

総量規制は十分な知識がない消費者を保護する為の規制だから、自己責任でビジネスを行っている事業者を対象外としています。

 

最低限の法律で成り立っているローンだから、その内容をじっくり精査して、リスクを納得した上で利用するのが鉄則です。

 

仕入れと販売を繰り返している事業者にとっては、予めビジネスローンの審査を通っておき、いつでもつなぎ融資を受けられるよう備えておくことも必要になります。

 

総量規制で減少した顧客を補充するべく、大手消費者金融も本格的にビジネスローンに参入しています。

 

なお、消費者金融などの事業者向けローンは、原則的に無担保、保証人なしで借りられる仕組みです。