MENU

「三件規制」とは?

貸金業者における自主規制

三件規制は、貸金業者における自主規制の1つです。

 

すでに三件の金融機関から借りている初回利用者を厳しく審査するのが主旨であり、これまでの経験から導き出した予防策と言えます。

 

業界内の暗黙の了解に近く、金融機関の公式サイトにも明確な説明はありません。

 

クレジットカードのキャッシングなども含まれるので、現在の借入状況を確認した上で審査申し込みをしましょう。

 

利用実績による融資限度額アップを狙う意味でも、自分にとって相性が良い金融機関を早く見つけて、そこだけを利用した方が賢明です。

 

引っ越しの時に正しく連絡先の変更をする為にも、一度財布の中にあるカード類を棚卸ししてみましょう。

 

複数に同時に申請すると危険

貸金業者には銀行では借りにくい利用者が集まりやすく、複数で借入をしている顧客を重点的に警戒しています。

 

原則的に担保なし、保証人なしで貸し付けているからこそ、他で借りた分の返済に回されることを恐れているのです。

 

使用用途が自由であっても、順番に返済していく自転車操業はいずれ破綻します。

 

複数に同時に審査申し込みをするのも、個人信用情報として残ってしまい、連鎖的に審査落ちになる可能性が高いです。

 

収入がどうであろうとも、現在お金に困って走り回っているとなったら、消費者金融でさえも新規融資を断ってきます。

 

業界の慣習としての三件規制は、シンプルで分かりやすいボーダーラインです。

 

おまとめローンで一本化

現時点ですでに三件規制にリーチがかかっている方には、おまとめローンで一本化する方法がお勧めです。

 

おまとめローンであれば総量規制の対象外となるので、他の金融機関をひとまず完済できます。

 

返済日が1つになることで返済計画を立てやすくなり、同時に低金利での借入に変えられるのが主なメリットです。

 

おまとめローンの利用にはいくつかの条件があるので、借り換えをしたい金融機関の公式サイトを熟読してから連絡しましょう。

 

ただし、おまとめローンの説明がない場合は、借り換えに対応していない可能性があります。

 

借り換え目的の審査は時間がかかるので、早めに検討を始めることをお勧めします。