MENU

住宅ローンがあってもキャッシングローンは使える?

住宅ローンは総量規制の対象外

住宅ローンは原則的に総量規制の対象外として扱われており、返済中でもキャッシングローンの審査を通ることは可能です。

 

元々、住宅ローンは不動産を担保とした堅実な借入だから、貸金業者では特に問題にしていません。

 

むしろ、最難関の住宅ローンを通った優良顧客として囲い込みたいぐらいの存在です。

 

住宅ローンの審査は本人の身辺調査から家族の個人情報にまで及びますが、一度通ってしまえば、返済が滞らない限りノータッチです。

 

現状で住宅ローンの借入残高があっても、キャッシングローンを利用できます。

 

約20年という長い期間をかけて返済していくだけに、住宅ローンは例外的な扱いになっているのです。

 

同じ金融機関で借りるのも有効

銀行では、優良顧客である住宅ローンの利用者を厚遇しており、ATMの利用手数料の優遇などの各種サービスを提供しているのが普通です。

 

それらのサービスは、そのまま新規の住宅ローン利用者の呼び込みも兼ねています。

 

住宅ローンは、基本的に自分たちが住む為の住宅ありきであって、万が一延滞が続いても不動産の売却などで元本を回収できる仕組みです。

 

銀行としても、住宅ローン利用中のキャッシングローンの必要性を熟知しているから、追加で審査申し込みをして、借入先を一本化しておくこともできます。

 

あえて同じ金融機関で借りることで、通常より低金利のキャッシングローンにするのも一つの手です。

 

追加融資を受ける場合に影響する

住宅ローンの審査申し込み前のキャッシングローンが影響することは有名ですが、ローン利用中の追加融資については想定外という方が多いです。

 

追加融資では、現在の住宅ローンを含めた借入状況の再チェックが行われ、その時点で貸金業者や他行でキャッシングローンの融資限度額を保有していると、返済不能になる可能性が高いと判断され、審査が不利になる恐れがあります。

 

総額として人生を左右するほどの金額になるので、同じ銀行で融資を受け続け、できるだけ低金利に抑えるのが定石です。

 

将来的に住宅ローンの融資を受けたい銀行があれば、そこに絞ってキャッシングローンを利用することも検討しましょう。