MENU

キャッシングローンを利用すると、住宅ローンを組めないの?

過去に使ったキャッシング状況

若いころにお世話になったキャッシングローンが、将来の住宅ローンという大きな借り入れの時に影響をおよぼすことはまず無いと言えます。

 

ローンを組む時は、信用調査であなたの過去の借り入れ状況や返済状況を調べて、あなたの信用度がチェックされます。基本的には、今からの話なのでその返済状況がよっぽど悪くなければ、住宅ローンは組めると思います。

 

また、キャッシングなどを扱う消費者金融の調査記録が残る日本信用情報機構では、5年間情報が残るので完済日から5年経っていればなんの問題もないです。

 

銀行はどこを見るか

では、心配な住宅ローンの借り入れですが、お金を貸してくれる銀行はどこを見るかです。確かに過去のキャッシングやカードローンの利用履歴は調べられますが、確実に返済してきたのであれば審査で落ちることはまずないです。

 

審査基準は、各金融機関で違うので断定はできませんが、借金をしたことよりちゃんと借金を返したことで信用も上がると思います。

 

銀行もある程度、あなたの過去については審査の判定基準に入れますが、大半は今の状況を重く審査の判断にすると思います。

 

審査が通りにくい状況とは

なるべく住宅ローンを通りやすくしとく為に気をつけておくことがあります。

 

住宅ローンを借りるときは、キャッシングなどの借り入れは控えることです。これは銀行側も毎月大きな支払い額があり、なおキャッシングの支払いがある顧客には毎月払えるか不安になります。

 

消費者金融などで遅延3か月以上がある人は、要注意です。完済日から1年間は情報が残ります。破産、債務整理、調停申立などは本来、問題外ですが先ほどの5年間は情報が消えないので先送りすることが必要です。

 

物事はいろんなタイミングがあります。一度、自分の過去を振り返り精算することによって、大きな住宅ローンに向き合うことができます。