キャッシングローン 限度額 増やす

MENU

キャッシングローンの借入限度額を増やすには?

初回の借入分を完済する

キャッシングローンでは、貸し付けたお金をきちんと返済してくれることが最大の信用です。

 

金融機関としても、常に監視するのは面倒ですし、何よりも元本すら回収できなくては大赤字になってしまいます。

 

特に、初回の借入では、まだよく分からない状態で貸し付けているので、期日までに完済しただけで大きな信用を得られるのです。

 

個人向けのキャッシングローンは、貸し付けながら信用を推し量っていくスタイルです。

 

したがって、初回の借入分を完済しただけで自動的に借入限度額アップの通知が届くケースも見られます。

 

第一印象である初回の借入を確実にこなすことが、大きな金額を借りる為の第一歩です。

 

自分で限度アップを申請する

多くの顧客を管理している金融機関では、初回利用者を除いて、いちいち全てに目を通しているわけではありません。

 

キャッシングローンの借入限度額を大きくしたければ、自分から限度アップを申請する必要があるのです。

 

正しく利用していれば、総量規制の範囲内で段階的に上げてくれる可能性があります。

 

連絡先は金融機関の公式サイトに記載されていますが、借入限度額に関しては指定の電話番号ということもあるので気をつけましょう。

 

限度額アップは、キャッシングローンの再審査と同じだから、なるべく礼儀正しい態度を心がけるべきです。

 

総量規制の関係があるので、最大でも年間収入の三分の一までになります。

 

利用実績に応じて増える

キャッシングローンは、融資してこそ利益になる事業です。

 

そのため、信用できる優良顧客には積極的に借りてもらうべく、借入限度額を増やしています。

 

借入限度額はそのまま金利に直結しているので、限度額の増加によって全体的に有利に借りられるのです。

 

借入限度額の増減は、その顧客の利用実績によって判断されます。

 

大きく借りて完済するほどに、金融機関から限度額アップの連絡がきやすくなる仕組みです。

 

逆に、延滞を何回も繰り返す顧客に対しては、限度額の引き下げ、あるいは新規利用の停止になります。

 

まとまった金額を借りることで借入限度額を増やすテクニックがあることを覚えておきましょう。