MENU

キャッシングローンの審査基準にはどんな項目がある?

まずは基本的な情報を確認

どこの会社も見ず知らずの人間にお金を貸すことはできないです。帰ってくる保証がない人や保証が少ない人には条件を付けて貸し出しています。それを調べるのがキャッシングローンの審査です。

 

最初の項目は身分証明から始まります。名前、性別、住所、生年月日などのあたり前のことから、今住んでいるところの住居年数と勤務先の勤務状況などを聞かれます。

 

重要な審査項目と内容

インターネットなどから申込みをすると自分の個人情報を入れ込むページに幾つか項目があります。さほど重要ではない内容に見えますが、この中で審査の基準になる大事な項目があります。

 

まず働き状況です。勤続年数を入れる項目がありますが、この年数は1年以上ないと厳しいです。キャッシングローンできる条件に安定した収入が第一前提とも言えます。働いてもすぐ辞めてしまう、イコール給与が安定しないにつながり借りることが難しくなります。

 

次に過去のローン返済経過を見られます。責任を持って返すことができる人間かを審査されます。もちろん債務整理や自己破産の過去がある人は借りることはほぼ無理に近いです。

 

現状の自分のお金事情も調べられます。複数の借り入れ依頼を出していると会社側としたらお金の無い人間にはなるべく貸したくないです。お金が返ってこないリスクが高いからです。

 

このようにお金を借りるのが目的なら自分の芝生を綺麗にしとくことが大事です。

 

その他のチェック項目

その他に電話番号などや住居もできたら長い住居年数の方が信用ができます。独身者より既婚者だったり、派遣社員より正社員など借りる側は相手の立場になって考えると理解できます。

 

審査基準に対する項目は大した内容はないです。簡単に答えることができるものばかりですが、勤務先情報や住居年数、過去の借り入れ状況などは厳しくチェックされます。

 

この部分をしっかり抑えてスムーズにお金の借り入れができます。