キャッシングローン 限度額

MENU

キャッシングローンの限度額は何で決まる?

限度額は総量規制

お金を借りるときに最高いくらまでとの表示がありますが、誰しもが最高借入額までお金を借りることはできないです。

 

キャッシングローンの利用限度額を決める基準が幾つかある中の一つに総量規制があります。この総量規制は貸金業法で決められた「年収の3分の1以上の借り入れができない」という法律です。

 

年収が300万円の人なら借入額は100万円までです。ほぼ消費者金融のキャッシングには適用されています。これによって無理な借り入れができない様になります。

 

限度額の基準査定

総量規制以外にも限度額を決める査定内容は各社による審査で決めます。

 

申し込むときに個人情報と過去や他社からの借り入れの有無や返済トラブルの有無、住居状態、勤務状態、同居人の有無などを金融会社に伝えます。そこで各金融会社は独自の審査基準を使い返済がどこまでなら可能かと打ち出して最高貸し出し額を決めます。

 

公務員や正社員などは最高額近くまで貸し出ししてくれますが、お金の必要性が高い自営業者などは貸し出し金額が低い場合が多いです。

 

限度額をアップさせるには

そんな中で借り入れ額をもっと増やしたい方もおられます。その方法は真面目に返済していくことです。半年ぐらい遅延しなければ金融会社の方から増額の申し出があります。逆に返済の遅延などが多いと利用額の減額などの処理がされます。

 

限度額を上げるには、要は信用です。商売も何でもそうですが信用というものを第一に優先します。借りたお金を正しく返すのはあたり前の事です。あなたの信用の大きさがキャッシングの融資額の大きさになります。

 

まとめ

限度額の査定は総量規制や各金融機関の審査で決まります。無理な借り入れをさせない法の規制と返済されてなんぼの貸金業の厳しい審査によって正しい金額を貸し出すことができます。

 

だが収入の3分の1を返済金額にあててしまうと普段の生活が相当厳しくなりますので、個々にあったキャッシングライフを計画することも必要です。