MENU

公共料金の滞納はキャッシングの審査に影響する?

公共料金は原則的に無関係

ライフラインである電気・水道・ガス料金は、毎月支払っていくべき公共料金です。

 

税金に近いポジションであり、毎月の生活費を計算する場合には必ず組み込まれます。

 

公共料金の支払いだけあって、郵送されてきた専用用紙による払い込みか、指定口座からの引き落とし、あるいは、コンビニ払い、クレジットカード払いと実に多彩です。

 

管轄しているのは金融機関ではない為、個人信用情報機関に滞納情報が登録されることはありません。

 

ただし、滞納によって各ライフラインが停止されてしまうので、日常生活に大きな影響があるのです。

 

電気の停止などが周囲にバレた場合は、様々な不利益を被ってしまう可能性があります。

 

クレジットカード払いに注意

公共料金の支払いでもカード払いができるようになって、ポイントの為にクレジットカードで支払っている方が大勢います。

 

クレジットカードは貸金業者が管理しているので、この状況で滞納したら、即座に個人信用情報機関に登録されてしまうのです。

 

滞納する前にキャッシングの審査を受けて、一時的に滞納を防ぐか、いっそ緊急避難として現金払いに戻しておく必要があります。

 

ただし、カード払いから現金払いへの切り替えには時間がかかる為、急いでいるのならば前者のキャッシング一択です。

 

無理なくポイントをもらえるカード払いですが、電気・水道・ガス料金の分を支払えるように計画的な利用をしなければいけません。

 

証明書類として要求される

本人証明の一環として、最新の公共料金の支払い明細などを請求される事例もあります。

 

身分証明書の住所欄を更新していないと、現住所に住んでいる証明として追加資料を提示しなければいけないのです。

 

市役所が交付する住民票の代わりという扱いになりやすいので、できるだけ公共料金を滞納する前に審査を申し込みましょう。

 

カード払いで滞納した事例を除いて、金融機関側では公共料金の滞納の有無は分かりません。

 

くれぐれも、審査が不利になる個人情報を自分から話さないように心がけましょう。

 

本人が確実に出る連絡先がないと審査に影響するので、携帯電話がまだつながる段階で審査を受けることをお勧めします。