MENU

キャッシングの借入残高をできるだけ早く減らすには?

元本を予定より早く返済する

金融機関のキャッシングローンは、借りたお金を元本として、時間経過によって利息がどんどん上乗せされていきます。

 

そのため、借入残高をできるだけ早く減らす為に、予定より早く元本を返済していくべきです。

 

元本が減れば、その分だけ発生する利息も小さくなり、支払いの圧縮において大きな効果を見込めます。

 

現在の計算式では、たった1日でも利息が発生するパターンが主流で、予定通りに返済してすら大きな利息に苦しめられるケースが多いのです。

 

また、大部分の金融機関では、なるべく長く利息を回収できる仕組みにしており、そのままでは借入残高の元本部分を残しつつ、利息ばかり返済させられる恐れがあります。

 

追加借入の時点で計画見直しを

借入残高のMAXは、基本的に審査で認められた融資限度額です。

 

しかし、金融機関の審査は、毎月の返済ができると思しき限度なので、必ずしも上限いっぱいで実際に返済できるとは限りません。

 

追加借入の時点で、現在の返済計画の見直しをするのが、借入残高を早く減らすコツです。

 

欲しいものができた時に反射的に買ってしまったら、どれだけお金があっても足りません。

 

キャッシングローンの融資限度額までの残りは、銀行の普通口座の貯金ではなく、まだ借入が可能というだけです。

 

抵抗なくお金を借りられる少額融資を日常生活に取り入れた場合、特に意識して借入残高と完済までの期間を再確認しておく必要があります。

 

金融機関の返済方法を再確認しよう

金融機関の目的は利息をできるだけ取りつつ、元本も回収することです。

 

ゆえに、標準設定の返済方法では、元本部分がほとんどない場合もよく見られます。

 

返済方法の説明を熟読して、自分が返済できる上限へ金額を上げておくか、余裕ができた時にATM等で追加返済することをお勧めします。

 

任意の追加返済は、本来の利息計算とは関係ない返済だから、元本を直接減らせます。

 

利息が元本にどんどん吸収されていくキャッシングローンだからこそ、借入残高を早く減らすことが重要です。

 

完済実績を作ることで融資限度額アップを申し込みやすくなったりするので、全く借りていない状況も織り交ぜましょう。