MENU

家賃滞納はキャッシングの審査に影響する?

不動産業者は信用情報を見られない

不動産業者は金融機関ではなく、単体では個人信用情報機関を利用できません。

 

そのため、家賃の滞納が他に波及することはなく、キャッシングの審査にはあまり影響しない状況です。

 

しかし、家賃を滞納している状態は緊急事態で、何もリアクションを取らないと、一方的に強制退去させられてしまいます。

 

家賃を滞納してしまったら、まずキャッシングで迅速に払っておくのも有効です。

 

平均的な家賃の金額を考えると、一括で支払える金額の融資限度額をもらえるとは限りませんが、それでもすぐに住居から叩き出される危険をなくせます。

 

消費者金融のスピード審査なら、急にお金がなくなっても支払日に間に合う可能性があります。

 

賃貸の保証会社は金融機関の一種

近年では連帯保証人になってくれる家族がいない人間が増加しており、いざという時に滞納分を肩代わりしてくれる保証会社が増加中です。

 

賃貸の保証会社は金融機関の一種でして、借入と返済の履歴がある個人信用情報機関に自由にアクセスできます。

 

個人信用情報機関に延滞記録が残ってしまったら、ハードルが低い消費者金融であっても審査が通りにくい危険域に突入してしまいます。

 

なお、保証会社が債務を肩代わりした場合、その肩代わり分を返済しないままだと、さらに延滞情報が追加されてしまうので要注意です。

 

親族などを連帯保証人として立てるケースでは、基本的に保証会社の利用は必要ありません。

 

家賃滞納には強制措置もあり得る

賃貸で家賃滞納をしてしまったら、段階的に強制退去へと進んでいきます。

 

詳しくは入居前に交わした賃貸借契約書や保証会社との契約書に記載されているので、一度見直しておきましょう。

 

おおよそ2ヶ月で立ち退きになるのですが、管理会社によっては外出時に鍵を変えてしまう等の強引な対応もあります。

 

最悪、延滞の翌日に強制執行されかねないので、家賃を滞納しているのならば今すぐにキャッシングの審査申し込みをするべきです。

 

法律的には個人の自力救済は禁止されており、管理会社などによる勝手な差し押さえには違法の疑いがあります。

 

万が一の場合は、一般公開されている最寄りの法律相談所へ相談しましょう。