MENU

キャッシングとローンの違いとは?

キャッシングとローン、比較してみると少し内容が違う両者ですが、お金を借りることに違いはないです。しかしその内容は融資額や融資方法、返済方法から金利まで異なりますので、よく確認しておきましょう。

 

融資額を比較してみる

キャッシングの融資額というと少額の5万円から50万円ぐらいの金額です。このぐらいの金額なら手軽に借り入れて返済も滞ることなく返済もできるかと思います。しかし安易に借りれるところから複数契約で返済が火の車状態になることもあります。

 

ローンの融資額は少額も扱いますが、大口の融資額を用意することができます。金額にすると500万円や800万円ぐらいの融資が可能です。当然、大きな金額を貸し出しますので慎重な審査で融資まで時間がかかります。

 

返済方法はどう違う?

キャッシングの返済方法の一つに残高スライド方式リボルビング払いです。

 

これは毎月の返済額を残高に合わせてスライドさせていく仕組みです。この方式の難点は最初の返済時期に利息部分が大きく元金が少ない設定になっています。これでは中々、元金が減らず返済期間が長期化します。

 

ローンの返済方法は一般的には分割払い方式です。毎月の支払日、約定日ともいいます。元金に利息を乗せて毎月、返済します。

 

金利は天と地の差

最後は金利ですが、キャッシングはどうしても少額で即日という早さの中で金利は高めに設定されてます。大半が18%で覚悟しといた方がよいです。

 

ローンは長い支払い期間になりますので、各金融機関違いますが3%から5%ぐらいまでの設定してます。

 

これだけみても金利差の10%はかなり大きいです。しかし長い期間、この金利を払い続けるという意味ではどちらが特かは本人の利用する内容が重要となります。

 

お金を借りる状況は誰しもが経験することです。その時になるべく利息を抑えて賢くお金を借りるためには、キャッシングローンに関する知識と情報が大切となってきます。