MENU

キャッシングローンの申し込みをスムーズにおこなうポイント

公的な身分証明書を基準に

キャッシングローンへの申し込みでは、誤字脱字はもちろんのこと、表記揺れもマイナス評価になってしまいます。

 

公的な身分証明書を基準にして、常に統一した記述にするのが重要なポイントです。

 

見本となる書類があれば、いつでも正確な申請になります。

 

申し込み時に提出する書類は、金融機関がお金を貸せるだけの人物かどうかを確認する為のものです。

 

本人確認として公的な身分証明書も提示するから、そこをベースにすることで誠実な人柄が感じられる審査申し込みにしてみましょう。

 

勝手に簡略化した住所や、誤った電話番号といった個人情報を記載すると、金融機関の審査で不利になってしまう恐れがあります。

 

現在の借入状況と収入を再確認

お金を貸すことは、社会的にも大きな影響があり、様々な法律によって制限されています。

 

そのため、現在の借入状況と収入を再確認して、自分が総量規制などに引っかかる状態でないかどうかをセルフチェックすることから始めるべきです。

 

キャッシングローンへの申し込みはれっきとした書類手続きであり、どの金融機関に申し込みがあったのかという情報さえも個人信用情報機関に登録されます。

 

そのため、自分が法律的に審査落ちになりそうならば、先にその状況を改善しておく必要があるのです。

 

せっかく個人信用情報の履歴に傷がないのに、審査申し込みで失敗しては、全てが台無しになってしまいます。

 

どの審査手順にするのかを選択

金融機関のキャッシングローンは、審査申し込みから最短30分で結果を連絡できるほどの自動処理になっています。

 

どの審査手順にするのかでお金を借りられるまでの時間が変わるので、事前に一通りの流れを決めておきましょう。

 

無人自動契約機を利用する手順が最も早いから、1分1秒を争う場合は運転免許証を握りしめながら駆け込みましょう。

 

時間に余裕がある時に申し込むのが望ましく、急いでいなければ無人自動契約機がない金融機関のキャッシングローンの中からも選べます。

 

個人向け融資がメインの消費者金融などでは支店に無人自動契約機が備わっていますが、ネット専業の銀行ではオンラインと郵送のみというケースもあるのです。