MENU

キャッシングローン|借入審査から契約までの流れ

借入審査の申し込みから始まる

金融機関は、無作為にキャッシングローンの営業をしているわけではなく、お金を借りたいという申請を受けてはじめて対応します。

 

借入審査は、初回利用者へすぐ結果を伝える簡易審査と、正式な書類と口頭での受け答えによる本審査の2段階になっているのが特徴です。

 

簡易審査であっても、正確な個人情報を伝えていれば、ほぼ本審査の結果と同じになります。

 

審査申し込みから最短5分で結果が届くというのは、金融機関の簡易審査の結果です。

 

この時点で、正式に契約した場合のだいたいの融資限度額と金利が判明します。

 

審査が通るかどうかが簡易的に分かるだけだから、油断せずに迅速に手続きを進めましょう。

 

借入までのスピードに注目

簡易的な審査結果をもらったら、次に法律上で必要とされている手続きを済ませる必要があります。

 

銀行系のキャッシングローンでは、運転免許証などの身分証明書の提示と、職場への在籍確認を完了させた上で、注意事項の説明を受け、カードを受け取ってようやく借入可能です。

 

支店に無人自動契約機がある場合は、自分で最寄りの支店に立ち寄ることで時間短縮ができます。

 

ノンバンクの借入でも基本的に同じ流れですが、金融機関によっては在籍確認の前に貸し付けてくれる対応もあります。

 

カードの受取前に口座振込をしてくれる金融機関もあるので、公式サイトの審査手順の説明をしっかり読んでおくべきです。

 

カード受取をどこで行うのか

審査申し込みを自宅で進めた場合は、契約書に署名などを行ってから返送して、金融機関からのカード郵送を待つ形になります。

 

当然、金融機関の担当者が受け取るまでの期間と、さらに担当者がその書面に取り掛かるまでの時間が加味されるのです。

 

住宅ローン等の一般的な借入よりは早く終わりますが、遅くても翌日までに借りたいというケースでは間に合いません。

 

契約手続きからカードの受取まで一気に済ませられるのが、無人自動契約機です。

 

必要に応じて担当者と備え付けのインターフォンで話をするので、呼び出しになったら素直に受話器を取りましょう。

 

無事に契約が完了したら、無人自動契約機から新規のカードが出てきます。