MENU

携帯電話の料金滞納はキャッシング審査に影響する?

携帯電話には割賦払いがある

携帯電話を持つのが当たり前になり、携帯電話の各キャリアは高価なスマートフォンを多く売る目的で割賦払いを導入しました。

 

割賦払いとは分割払いのことで、クレジットカードの回数分割とほぼ同じ意味です。

 

新機種を購入した場合には、割賦購入への同意書へサインする光景がよくあります。

 

スマートフォンの本体を一括払いで購入していて、通信料金を現金で払っているケースでは、通信会社との間だけの問題です。

 

ところが、割賦払いで携帯料金を滞納したら、個人信用情報機関に延滞記録が追加されてしまいます。

 

携帯料金を滞納し続けたら回線停止になりますが、停止中も毎月の基本料金がかかるので気をつけましょう。

 

携帯電話の滞納は勘違いしやすい

携帯電話の所持が当たり前になったことから、回線が止まったら支払えばいいやと考える方もいます。

 

しかし、通信会社は対応が早く、滞納を数回続けたら強制解約と裁判所からの督促状になってしまうのです。

 

キャッシング審査に影響するだけでは済まなくなるので、滞納する前にお金を借りてでも支払っておきましょう。

 

携帯電話のキャリアは、個人信用情報機関を利用できる存在です。

 

利用者の承諾の上で行っていることですが、多くの書類を処理する中で同意書のことを忘れてしまう方が大勢います。

 

新機種のスマホに慣れるだけでも大変ですが、面倒がらずに自分が契約した書類を再チェックしておきましょう。

 

住宅ローンにまで影響する滞納

携帯電話の滞納は、たった1回でも個人信用情報として記録される恐れがあります。

 

うっかりミスで1回滞納しただけなら、消費者金融のキャッシング審査では大きな問題になりにくいのですが、厳格な住宅ローンにおいては審査が通らなくなる原因になってしまう可能性が高いです。

 

携帯料金の滞納で人生計画が大きく変わってしまうことは、意外な盲点です。

 

金融機関ではないから個人信用情報を参照できないと油断せずに、しっかり払っておきましょう。

 

携帯電話が止まってしまうと、本人への連絡先の項目で引っかかってしまいます。

 

現金払いを選択している方であっても、キャッシング審査に関わってくるのです。